プロフィール

りっち

Author:りっち
嵐大好き! 
特に二宮和也さんいちおし☆
にのあい、末ズ大好き♪
風っこ贔屓です(^^)

たま~に趣味のパンやお菓子作り
家族のことなど
私ゴトも入ったりしています。

コメントは承認制になってます。
エントリーと関係ないコメント
不快なコメントなどは
独自の判断でサクッと
削除させていただきます。

たいしたことは書いてない
お気楽なブログですけど
記事の転載などは
やめてください!!
同じ嵐ファンとして悲しいです・・・


自己紹介的なことは コチラ にいろいろ書いてますので、よかったらみてくださいね♪

Anniversary
最新コメント
最新記事
カテゴリ
GANTZ
最新トラックバック

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連載スタート~GANTZ~

「Cinema★Cinema」
みなさん、買われました?

香取くんが表紙なんですけど。
GANTZ、大奥合わせて3ページで990円はきついし
立ち読みで済まそうと思ったんですけど。
大奥に至ってはプロデューサーさんの写真だけで
二宮さんはじめ、出演者の方の写真1枚も載ってないんです。

それでもどうしても手元に置いておきたくて買っちゃいました


内容はGANTZ、大奥ともプロデューサーさんが語られてます。

知りたくない方もいらっしゃると思うので隠しますね。

まずはGANTZのお話から。
大奥のお話は次にエントリーしたいと思います。
映画GANTZ

私が見たことのないショットが載ってたんですけど。
普段着の首元の下から見えるGANTZスーツ
それだけでかっこいいんですけど



内容は佐藤プロデューサーのお話で。


GANTZは松山ケンイチくんから決まっていたと。

玄野の複雑な内面を表現できる実力と松山に並ぶ、いや凌駕するくらいの
存在感を持つ役者でなければ・・・と行きついたのが二宮。

二宮に関しては「硫黄島からの手紙」も大きかった。


二宮にオファーした時は何も決まっていなくて
原作と僕の思いを書いた手紙だけを持っていったけれど承諾していただけた。
そこからスケジュールや諸条件の調整を進めて
二宮と松山のプロジェクトとして本格的に動きだした。



※語尾など変えてます。かなり抜粋してます。
誤解を招くこともあるかも・・・
すいません


このGANTZが映画化に向けて動き出したのが2007年らしく
ずいぶん前からオファーがあったんだなぁって。


今のにのの1つの代表作品として自分でも言ってる
「硫黄島の手紙」
これが大きかったって言ってもらえるって
すごくうれしいことなんじゃないかな~

アメリカに行って貴重な経験して
やみくもに海外に出るより
日本に居続けて価値があるって言ってたにの。

その経験が今のにのを作ってる。

私はただ単純に

経験は唯一否定できないものって言った彼の

メイド・イン・ジャパンの二宮和也が見たい!

なんてこのお話を読んで思いました

どうやら連載のようなので(値段がキツイ!)
また来月いいお話が載ってたら買おうと思います



テーマ: 二宮和也
ジャンル: アイドル・芸能

次へ

非公開コメント

カウンター
リンク
想い出
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。